記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1994年1月号 48ページ〜59ページ(ページ数:12)

特集:今年は冷害を出さない、腕を鳴らしてわが家流イネ作り

タイトル

穂づくり期に活力の高いイネをめざす施肥・水管理

執筆者・取材対象: 編集部鈴木恒雄

地 域: 山形県南陽市



見出し

●なぜ穂づくり期の活力を問題にするか−浅水で健闘したイネがある●水は張らない●寒い時ほどリン酸だ●出穂25日前から出穂までの葉色を平らに●元肥を少なく、受光態勢を良く●チッソを切るのは危なっかしい●チッソを落とすのではなくデンプンを引き上げる●水管理の違い◎畑根は肥料をガバッと食う◎ネズミ穴のせいで根腐れした◎深水で幼穂を守るには水根●水深10cmでも不稔を減らす方法