• 作品選択 
 鶏は牛や豚よりも腸が短く、エサの栄養吸収率が低いため、排泄された鶏糞には三要素(とくにリン酸)が比較的多く含まれる。また採卵養鶏では卵の殻を硬くするカキ殻などをエサに与えるため、糞には石灰も多く含まれる。栄養満点肥料であるうえ、値段が安いとあって、肥料代が値上がりするなか、ひっぱりだこである。 高知県の農家、桐島正一さんは、ほぼ……(つづきを読む)

検索結果:773件のデータが見つかりました。(10件のビデオが含まれます)

  • 61

    鶏糞廃菌床堆肥の特性

    • 技術大系
    • サブタイトル:資材の特性と利用>堆肥化資材>各種の堆肥づくり
    • 執筆者:林恭弘
    • 執筆者所属:和歌山県農林水産総合技術センター農業試験場
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):3専門館:農業総合
  • 62

    クーリング・パッドを備えたトンネル換気型無窓鶏舎

    • 技術大系
    • サブタイトル:採卵鶏>基礎編>採卵鶏飼育の技術と経営
    • 執筆者:對馬宣道/田中実
    • 執筆者所属:日本獣医生命科学大学/日本獣医生命科学大学
    •   
    • 作目:畜産編ページ数(ポイント数):18専門館:農業総合
  • 63

    私のボカシ肥 平飼い養鶏の鶏糞はボカシ肥

    • 現代農業:1988年01月号 272ページ~274ページ
    • 執筆者:八尋幸隆 福岡県筑紫野市
    • 地域:福岡県筑紫野市  
  • 64

    厄介モノがじつは力持ちの肥料源

    • 現代農業:1998年03月号 70ページ~73ページ
    • 特集タイトル:値下がりした分は取り返す―だからいま、少費・小力のイネつくり
    • 執筆者:松沼憲治 
    • 地域:茨城県総和町  
  • 65

    ちょっとエサに混ぜるだけで根を健全にする堆肥ができる

    • 現代農業:2005年10月号 268ページ~270ページ
    • 上位タイトル:「売れる堆肥」は酸素で作る!
    • 執筆者:太田保夫 
    • 地域:長野県南箕輪村  
  • 66

    元肥チッソは化成より多めに、でも年々減肥

    • 現代農業:2007年11月号 88ページ~91ページ
    • 特集タイトル:安い肥料 鶏糞を使いこなす
    • 執筆者:溝口修 マルイ有機(株)
    • 地域:鹿児島県出水市  
  • 67

    生育中期の肥効で、大きな穂がしっかり稔った

    • 現代農業:2011年11月号 154ページ~157ページ
    • 連載タイトル:高温を味方につけるイネつくり(最終回)
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:滋賀県東近江市  
  • 68

    有機配合から鶏糞に替えて経費大幅減

    • 現代農業:2015年3月号 58ページ~61ページ
    • 特集タイトル:2015春 元肥でトクする百科
    • 上位タイトル:今、鶏糞栽培が熱い
    • 執筆者:赤松富仁(写真と文) 
    • 地域:佐賀県多久市  
  • 69

    追肥は鶏糞流し込み 鶏糞稲作で米粉用米をもっと

    • 現代農業:2015年7月号 146ページ~149ページ
    • 上位タイトル:新規需要米に積極追肥
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:宮崎県延岡市  
  • 70

    自家鶏糞だから飼料米をV字型で

    • 現代農業:2017年10月号 274ページ~277ページ
    • 上位タイトル:ケッコー楽しい 鶏糞のある農業
    • 執筆者:川井大輔 
    • 地域:山形県西川町  
  • 71

    業務用キャベツ18ha 鶏糞で化成肥料半減、なぜかよく太る

    • 現代農業:2022年3月号 40ページ~43ページ
    • 特集タイトル:今こそ、鶏糞大活躍!
    • 上位タイトル:肥料代が減る、プラスαの効果も
    • 執筆者:平澤協一 
    • 地域:茨城県茨城町  
  • 72

    堆きゅう肥の利用と施肥設計

    • 技術大系
    • サブタイトル:畑の土壌管理>土壌管理の実際>有機物利用
    • 執筆者:上村幸廣
    • 執筆者所属:鹿児島県農業試験場大隅支場
    •   
    • 作目:土壌施肥編ページ数(ポイント数):6専門館:農業総合
  • 73

    レンゲ稲作

    • 技術大系
    • サブタイトル:イネ=基本技術(2)>基本技術編>各種の技術体系>独特な発想の技術体系
    • 執筆者:上原敬義
    • 執筆者所属:長野県農事試験場
    •   
    • 作目:作物編ページ数(ポイント数):9専門館:農業総合
  • 74

    鶏ふんを利用したバイオガス施設をつくろう

    • 現代農業:1994年02月号 250ページ~253ページ
    • 連載タイトル:やまなみ農場の養鶏日誌(8)
    • 執筆者:佐藤幸子 やまなみ農場
    • 地域:福島県川俣町  
  • 75

    鶏糞稲作大流行(トビラ)

    • 現代農業:2008年11月号 126ページ~126ページ
    • 上位タイトル:鶏糞稲作大流行
    •  
    •   
  • 76

    鶏糞堆肥+被覆尿素単肥で、安くラクに飼料米づくり

    • 現代農業:2015年3月号 62ページ~63ページ
    • 特集タイトル:2015春 元肥でトクする百科
    • 上位タイトル:今、鶏糞栽培が熱い
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:山口県山口市  
  • 77

    鶏糞に使えるペレット成形機

    • 現代農業:2022年3月号 88ページ~89ページ
    • 特集タイトル:今こそ、鶏糞大活躍!
    • 上位タイトル:鶏糞製造・最前線
    • 執筆者:編集部 
    • 地域:熊本県大津町/奈良県五條市  
  • 78

    国産リン酸・カリ肥料として大注目の、鶏糞灰でびっくり全量一等米

    • 現代農業:2008年10月号 94ページ~95ページ
    • 特集タイトル:肥料急騰 どげんかせんといかん!
    • 上位タイトル:肥料代を安くする手法 その1 鶏糞を使う
    • 執筆者:上原泰臣 
    • 地域:熊本県和水町  
  • 79

    いい鶏糞の見分け方

    • 現代農業:2008年11月号 140ページ~140ページ
    • 上位タイトル:鶏糞稲作大流行
    • 執筆者:中坪宏明 
    • 地域:長野県駒ヶ根市  
  • 80

    鶏糞+尿素 安くて化学肥料並みに効く鶏糞肥料を開発

    • 現代農業:2012年10月号 272ページ~273ページ
    • 上位タイトル:家畜糞+αで売れる堆肥・肥料
    • 執筆者:根子善照 笹間地区営農再生対策会議
    • 地域:岩手県  
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10