『農業技術大系』作物編 第2-1巻 技+184の36~技+184の42(ページ数:7)

イネ=基本技術(1)>基本技術編>栽培の基本技術/イネの生育と技術>II 田植・活着期

LPコートSタイプ肥料による全量元肥苗箱施肥

開始ページ: 技+184の36

執筆者: 佐藤徳雄

執筆者所属: 東北大学農学部附属農場

備 考: 執筆年 1993年

記事ID: s0210870

見出し

  (1) ねらい ・・・〔1〕
   (1)元肥一発施肥技術
   (2)使用肥料と試験結果
   (3)効果とねらい
  (2) 代かき移植栽培におけるLPコートSタイプ肥料による苗箱施肥の特徴 ・・・〔2〕
   (1)溶出特性
   (2)生育相 ・・・〔3〕
  (3) LPコートSタイプ肥料の選択と施肥設計 ・・・〔5〕
  (4) LPコートSタイプ肥料による元肥苗箱施肥の実際 ・・・〔6〕
  (5) 今後の課題

キャプション

第1表 移植時の苗質
   キーワード:LPS500g箱区\対照区\LPS500g箱区\LPS300g\草丈\葉齢\地上部乾物重\窒素含有率\苗の充実度\サトホナミ
第1図 LPS肥料(800g/箱)を用土と混合した状態。その上にかん水‐播種‐覆土を行なう
第2図 移植時における苗の生育状況
第3図 LPコートS100およびS140の溶出パターン
第4図 移植時における根張りの状況:粒状のLPS肥料が完全にマットに包まれている
第5図 本田に移植したときのLPS肥料の分布状態
第6図 生育に伴う草丈・茎数・葉色の推移(1989〜’91)
第7図 生育に伴う草丈・茎数・葉色の推移(1992)
第8図 収量構成要素の比較(1989〜’91)
   キーワード:穂数\有効茎歩合\籾数\登熟歩合\玄米千粒重\登熟度\玄米重
第9図 収量構成要素の比較(1992)

トップへ戻る