記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第1巻 基+246の137〜基+246の140(ページ数:4)

イネ(基本編・基礎編)>基礎編>イネの生理作用>VII 根の機能と生理

根群と収量 (3)根量と収量との関係

開始ページ: 基+246の137

執筆者: 鯨幸夫

執筆者所属: 金沢大学

備 考: 執筆年 1988年

記事ID: s0101390



見出し

   (1)生育時期による根の窒素含有量の変化 ・・・〔1〕
   (2)根量(乾物重) ・・・〔2〕
   (3)根系の形態 ・・・〔3〕
   (4)根長と根数

キャプション

第1表 地下部全窒素含有量
   キーワード:陸羽132号\撰一\森田早生\善石早生\亀の尾\神力\農林25号\農林3号\竹成\銀坊主\十石\朝日\雄町\農林18号\双葉\亀治\短銀坊主
第1図 根乾重と葉身乾重との関係
   キーワード:陸羽132号\撰一\農林3号\神力\十石\朝日\農林18号\双葉\亀治\竹成\南京11号\桂朝2号\水原258号\来敬\密陽23号\Calrose\Saturn\Rancarolo\アキヒカリ短銀坊主
第2図 根乾重と収量との関係