記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第1巻 本+31〜本+35(ページ数:5)

イネ(基本編・基礎編)>基本編>日本の稲作>わが国の稲作農法

I 稲作技術体系の発展

開始ページ: 本+31

執筆者: 江島一浩

執筆者所属: 筑波大学

備 考: 執筆年 1975年

記事ID: s0100460



見出し

 1.手労働から小型機械化一貫作業体系へ ・・・〔1〕
 2.追肥重点主義と間断潅漑方式との成立 ・・・〔2〕
  (1) 元肥重点から追肥重点へ
  (2) 間断潅漑の成立とその合理性
 3.コメ作型の多様化 ・・・〔3〕
  (1) 二毛作と単作
  (2) わらの重要性
  (3) 単作化の要因 ・・・〔4〕
   (1)作期の早期化・晩期化
   (2)麦の対米比価の低下
   (3)わら工品の衰退
   (4)農村労働力の吸収