『農業技術大系』作物編 第5巻 基+206の12~基+206の17(ページ数:6)

ジャガイモ>基礎編>貯蔵技術

エチレンを用いた加工原料用ジャガイモの貯蔵

開始ページ: 基+206の12

執筆者: 津山睦生

執筆者所属: カルビーポテト株式会社馬鈴薯研究所

備 考: 執筆年 2020年

記事ID: s425020z

見出し

 1.糖含量を抑えつつ発芽も抑制する貯蔵技術 ・・・〔1〕
 2.エチレン導入の経緯—エチレン貯蔵とポテトチップの褐変防止
 3.エチレン処理装置—庫内循環ファンで庫内ガスを均一化
 4.エチレンは発芽後の伸長を抑制 ・・・〔2〕
 5.エチレン処理は発芽前に始める
 6.品種で異なるエチレン処理によるチップカラーへの影響
 7.エチレン濃度について ・・・〔3〕
 8.チップカラーからみたエチレン処理の課題
  (1) スノーデン—時期と地域によるカラーの変動に留意
  (2) きたひめ—チップカラー低下後の回復に課題 ・・・〔4〕
 9.エチレン貯蔵の課題—栽培条件・品種・資材 ・・・〔5〕

キャプション

第1図 品種別チップカラーの推移
第2図 2009年度別チップカラーの推移(品種:スノーデン)
第3図 2010年度別チップカラーの推移(品種:スノーデン)
第4図 2011年度別チップカラーの推移(品種:スノーデン)
第5図 2012年度別チップカラーの推移(品種:スノーデン)
第6図 産地別チップカラーの推移(2009〜2012年,品種:スノーデン)

トップへ戻る