記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』果樹編 第1-1巻 和歌山・沼田+1〜和歌山・沼田+16(ページ数:16)

カンキツ>精農家のカンキツ栽培技術

〈ゆら早生,普通温州(林系)ほか〉露地完熟栽培,蔵出しみかん ふろしき樹冠上部摘果,防除と腐敗果・浮皮対策,除草法 和歌山県海南市 沼田長巳(48歳)

開始ページ: 和歌山・沼田+1

執筆者: 坂田寛樹

執筆者所属: ながみね農業協同組合しもつ営農生活センター

備 考: 執筆年 2019年

記事ID: k341104z



見出し

〈地域の概況〉 ・・・〔1〕
 1.みかん発祥の地
 2.伝統的な貯蔵熟成の技術 ・・・〔2〕
 3.カンキツ+ビワの複合経営 ・・・〔3〕
〈沼田さんの経営と技術の特徴〉
 1.家族経営のなかで省力化を追求
 2.所得確保の技術
   (1)ゆら早生完熟栽培
   (2)マルドリ栽培 ・・・〔4〕
   (3)ふろしきの樹冠上部摘果など
〈技術の特色〉
 1.ゆら早生完熟栽培
 2.ふろしき樹冠上部摘果 ・・・〔5〕
   (1)生理落果期に合わせて被覆
   (2)被覆の実際 ・・・〔6〕
   (3)樹の半分以上の摘果が大事
〈防除体系〉
 1.夏休みの確保と省力化
 2.アザミウマ防除の考え方と実際 ・・・〔7〕
   (1)過去の防除実態
   (2)アザミウマ発生ピークと時期別薬剤の選択 ・・・〔8〕
   (3)天敵を活かす防除
 3.かいよう病防除の考え方と実際
   (1)一般的な防除は適期よりおそい
   (2)銅剤は1か月早い2月下旬から ・・・〔10〕
   (3)忙しい3月をはずす銅剤+マシン油の混用
   (4)常識はずれだが薬害は出ない
   (5)開花期防除に銅剤の混用も ・・・〔11〕
〈防腐剤の使い方〉
 1.腐敗果実の発生と防腐剤
    極早生・早生
    中生以降年内ミカン
 2.アビオンEを加用
〈浮皮軽減・花芽抑制によるジベレリン活用〉
 1.処理時期と濃度
 2.農薬との混用処理 ・・・〔13〕
 3.低濃度ジベレリン+マシン油乳剤で着花抑制
〈整枝・剪定の方法〉
 1.新植
 2.整枝・剪定の考え方
 3.剪定方法
   (1)10月から剪定で予備枝の確保
   (2)予備枝剪定もラクになる
   (3)着果枝を考慮した剪定
〈除草方法〉 ・・・〔14〕
 1.除草剤の種類と抑制期間
 2.収穫期を逆算して除草
 3.枯れにくい雑草
 4.ノズルを替えて効率よく
 5.ラウンド系の高濃度少量散布 ・・・〔15〕
 6.効果的な薬剤使用方法 ・・・〔16〕
 7.草種による除草ポイント
 8.一石二鳥除草
 9.推奨したい除草方法
〈施肥と土壌管理〉

キャプション

第1図 下津町内の園地のようす
第2図 みかん発祥の地の石碑
第3図 瓦屋根と木造土壁の一般的な貯蔵庫。広さは6〜10坪
第4図 下津のビワ(左)。右は園の分布図。白い部分がミカン園,濃い部分がビワ園
第5図 蔵夢選果場蔵出しみかん。このうち糖度12度以上は雛みかんとしてブランド化。右は貯蔵庫内のようす
第6図 標高250mにある沼田さんのゆら早生園
第7図 結果母枝の角度
第8図 シートを被覆して,ふろしき樹冠上部摘果をしている
第9図 ふろしき樹冠上部摘果
第1表 チャノキイロアザミウマ(以下,チャノキ)多発地域用防除暦(抜粋)
第10図 ミカン園の防風樹のマキの樹とアザミウマ被害
第2表 かいよう病の防除方法
第3表 浮皮軽減のためのジベレリン処理――品種別,濃度別,時期別の使い方
第11図 温州ミカンに対するジベレリン利用の年間スケジュールと目的に応じた使い方
第4表 雑草別,浸透移行型茎葉処理剤の適正濃度