記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2022年8月号 179ページ~181ページ(ページ数:3)

タイトル

植物ホルモンが活性化 立ち枝を生かせば無肥料でもとれる

ワインブドウ 番線をフル活用 誘引して立ち枝をつくる

執筆者・取材対象: 山田純



サンプル画像


見出し

●電気の次はブドウづくり●若木は縛って立てるだけ!?●番線を使って枝を立てる●結果母枝は2、3年で更新