記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2022年8月号 171ページ~175ページ(ページ数:5)

タイトル

植物ホルモンが活性化 立ち枝を生かせば無肥料でもとれる

リンゴ 無肥料でも3t おとなしい果台枝を中心に立てる

執筆者・取材対象: 紺野邦男

地 域: 福島県福島市



サンプル画像


見出し

●オーキシンをつくる樹形●立ち枝を残すせん定に変えた●枝の性質の見極めが大事●側枝の更新方法は二つ●無肥料だとアブラムシがこない