記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年5月号 234ページ〜236ページ(ページ数:3)

タイトル

分娩前後の草で受胎率アップ

1番草と決めたら1回で付くようになった

執筆者・取材対象: 編集部・岩渕孝幸

地 域: 岩手県奥州市



サンプル画像


見出し

●草で発情が変わった●手前のロールから使っていた●ルーメンを安定させたい●子を取ってなんぼ