記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年5月号 146ページ〜151ページ(ページ数:6)

タイトル

野菜の力を引き出す仕立て

トマトの力を引き出すソバージュ栽培(上)

多本仕立てで尻腐れ果も裂果も少ない

執筆者・取材対象: 本田耕士



サンプル画像


見出し

●放任したら収量が増えた●ジャングルのような姿に●根張りがよく、気象の変化に対応●尻腐れ果が少ない◎根の能力がアップして、カルシウムを盛んに吸収◎チッソとカルシウムのバランスをとる●裂果が少ない◎果実が割れる要因◎たくさんの葉が「日傘」になる◎カルシウムで細胞を強化●リコペンが増え、着色不良も解消●でも、マイナス面も◎収穫に手間と時間がかかる◎果実のサイズが揃わず、小さくなりがち●8本仕立ての「きっちりソバージュ栽培」