記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年3月号 316ページ〜321ページ(ページ数:6)

タイトル

コロナの時代に「百姓仕事」を考える

格差社会を超える「働き方改革」のために

執筆者・取材対象: 農文協論説委員会



サンプル画像


見出し

●ブックレット『新型コロナ 19氏の意見』から●「仕事の楽しさ」まで奪う格差社会●「百姓仕事」の楽しさの謎に迫る『田んぼの絵本』●知らず知らずのうちに生きものを育てている●コロナ後の社会を「仕事の楽しさ」から考える