記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年3月号 196ページ〜199ページ(ページ数:4)

タイトル

たどりついた! ミカンの双幹形(3)

亜主枝の立ち枝をとって、目線より上は摘果

執筆者・取材対象: 只隈智国

地 域: 福岡県みやま市



サンプル画像


見出し

●骨格枝のジベレリン出力を調整●第1亜主枝に立ち枝が出やすい●主枝先端に摘果剤散布●摘葉でもジベレリンが高まる