記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年3月号 158ページ〜159ページ(ページ数:2)

タイトル

常識のなかの非常識 農業技術者の洞察(38)

光合成の適温で管理しても最大収量は望めない

執筆者・取材対象: 白木己歳



サンプル画像


見出し

●光合成の適温は25℃付近だが●生長の適温は25℃より上●額に汗がにじむくらい●自動換気装置は増収装置