記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年3月号 142ページ〜145ページ(ページ数:4)

タイトル

オランダ農業に学ぶ環境制御 地下部編(9)

よくある疑問を解決! かん水のQ&A

執筆者・取材対象: 斉藤章



サンプル画像


見出し

●Q 養液栽培で用いる原水はどれにする?◎A 原水は量と質が重要。使用できる水源はいくつかありますが、質と費用のバランスが最もよいのは地下水です(表1)。●Q 冬はかん水を温めたほうがいい?◎A 特に温める必要はありません。理由は二つあります。●Q かん水方法を変えたら、生育差が発生。どうしよう。◎A かん水による生育差は大きく分けて3パターンあります。それぞれ対策が違います。●Q かん水を増やすと果実の品質が悪くなる?◎A そんなことはありません。光合成が増加し、食味がよくなります。●Q 曇天日もかん水は必要ですか?◎A 必要です。理由は曇天日でも作物は蒸散をしているからです。