記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年12月号 122ページ〜127ページ(ページ数:6)

タイトル

雪国の中山間地で小麦づくりに燃える(2)

収量落とさず赤かびを出さない10月中旬播種

執筆者・取材対象: 鈴木貴良

地 域: 新潟県柏崎市



サンプル画像


見出し

●初年度、赤かびで全量廃棄!●6月収穫ならリスクが小さい●根雪に耐えられる「ゆきちから」と「夏黄金」●分けつを促し、雪で止めてもらうための10月中旬播種