記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年10月号 205ページ〜209ページ(ページ数:5)

タイトル

元肥一発肥料での過繁茂・肥切れ問題を考える

速効性成分のない遅効性肥料で改善

湛水直播 初期分けつ過多

執筆者・取材対象: 原嘉隆



サンプル画像


見出し

●暖地の直播は過繁茂に注意●速効性成分は必要ない?●遅効性のチッソだけで●苗立ちの安定化が見込める●コストは一発肥料の6割程度●試験区の設定●リン酸とカリの存在が前提