記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年10月号 184ページ〜189ページ(ページ数:6)

タイトル

混合堆肥複合肥料ってなに?

執筆者・取材対象: 荒川祐介



サンプル画像


見出し

●わかっていても利用が進まない堆肥●肥料取締法改正で誕生した新しい肥料●堆肥と化学肥料のいいとこどり●造粒でチッソもリン酸も効きやすくなる●使い方事例 小麦―水稲二毛作◎輪作で堆肥を入れる時間が取れなかった◎追肥で小麦43%増収●使い方事例 キャベツ・ハクサイ◎6700円も肥料代が浮いた●価格は有機化成肥料より10〜30%下がる●堆肥の安定供給と製造が課題●堆肥がもっと使われる時代へ●もっと気軽にパワーアップ堆肥が作れそう