記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年10月号 34ページ〜41ページ(ページ数:8)

特集:土はどう変わる? タンニン鉄栽培 大盛り上がり

タイトル

黒ボク土で激変! 鉄茶をまいたキュウリは側枝がどんどん出て、収量3割増

執筆者・取材対象: 青谷悟志

地 域: 茨城県八千代町



サンプル画像


見出し

●キュウリの味と収量を上げるには?●リン酸も苦土も過剰になっていた●タンニン鉄をまくと初期生育が遅れるみたい●子づる、孫づるが多く発生、収量は3割増●石灰、苦土、リン酸がしっかり吸われていた