記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2019年6月号 276ページ〜279ページ(ページ数:4)

タイトル

帰化アサガオ、ツユクサ、雑草イネ……土中の草のタネ、もう増やさない!

地下茎にダメージを与えるには?

法面、耕作放棄地の多年生雑草

執筆者・取材対象: 伊藤操子



サンプル画像


見出し

●地下茎が再生と繁殖を担う●地下茎を弱らせる四つの手段◎(1)刈り取り 晩秋の草刈りは徒労!?◎(2)除草剤 養分転換期後に効かせる◎(3)耕起 春から梅雨明け後までは禁物◎(4)シート被覆 光を遮断し雑草を死滅●各手段を組み合わせて管理