記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2013年3月号 110ページ〜112ページ(ページ数:3)

特集:発芽名人になる!2

タイトル

夏播き必勝法

タネを四〇度処理すれば、ゴボウが夏播きできる

執筆者・取材対象: 林田達也

地 域: 福岡県



サンプル画像


見出し

●夏播きができれば端境期に出せる●四〇度処理で高温耐性を獲得、発芽促進された●夏播き秋どり栽培で収量六割増