記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2012年7月号 152ページ〜155ページ(ページ数:4)

タイトル

やっぱり溝切りは欠かせない

用水が足りない田んぼにうってつけ 切り溝を活かした「溝水管理」で一等米

執筆者・取材対象: 編集部・高橋正夫

地 域: 宮城県栗原市



サンプル画像


見出し

●入念な溝切りは「溝水管理」のため●表面が硬くなるので、収穫近くまで水を入れられる●猛暑の年、溝水管理の効果を確認