記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2011年10月号 104ページ〜112ページ(ページ数:9)

特集:肥料代がまたジワジワ上がってきた 液肥を自分で作る

タイトル

「度が過ぎる発酵液の話」をもう少し

執筆者・取材対象: 編集部・山本良男

地 域: 愛媛県四国中央市



サンプル画像


見出し

●肉発酵液◎肉は何でもええ◎パインかイチジクのタンパク分解酵素を借りる◎ニオイを消す二価鉄●スーパーの売れ残り品発酵液◎アミノ酸入り乳酸菌液肥◎強力えひめAI!?◎病気を抑え込む力がありそう●発酵カルシウム◎耐寒性・耐暑性のレベルが変わる◎カキ殻と同量のクエン酸で溶かす◎サプリメントだって買わなくていい