記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2011年6月号 294ページ〜297ページ(ページ数:4)

タイトル

病害抵抗性誘導 研究最前線

ヒートショックで野菜の耐病性アップ

温湯散布装置「ゆけむらー」開発

執筆者・取材対象: 佐藤達雄



サンプル画像


見出し

●炭酸ガス発生+熱ショック装置●五〇度で二〇秒の熱ショック●温湯散布の予防効果◎ウドンコ・炭そ・灰色カビ病への抵抗性がアップ◎アブラムシ・コナジラミの殺虫効果もあり◎潜在感染株の除去にも役立ちそう◎治療効果や残効性はない