記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2007年8月号 156ページ〜159ページ(ページ数:4)

タイトル

大議論 夏バテするイネしないイネ

背白・基白は穂肥不足、乳白は穂肥過剰

ここまでわかった 高温障害のメカニズムと対策

執筆者・取材対象: 森田敏



サンプル画像


見出し

●出穂時期と白未熟粒◎出穂後20日間、平均気温26〜27度以上で多発●穂肥と白未熟粒◎穂肥が少ないと背白・基白、多いと乳白◎ジワジワ穂肥で株元デンプン貯金を増やす●栽植密度と白未熟粒◎坪50〜60株の疎植が最適