記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2002年12月号 248ページ〜255ページ(ページ数:8)

タイトル

冬のせん定から夏の新梢管理へ(7)

摘心栽培2002 今、せん定の重点は冬から夏へ

執筆者・取材対象: 編集部鈴木英夫小川孝郎佐用ピーチ倶楽部群馬県園芸試験場

地 域: 山形県山梨県兵庫県群馬県



サンプル画像


見出し

●摘心の威力●摘心ってナニ?●「モモ型果樹」は秋まで摘心!●今の時代、なぜ摘心か