記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2002年5月号 86ページ〜93ページ(ページ数:8)

タイトル

米ヌカ除草の田んぼの中はどうなってる?

測ってみました 米ヌカ・クズ大豆除草の田んぼのpH・EC・酸化還元電位

なんで効くのか知りたくて…

執筆者・取材対象: 佐々木陽悦

地 域: 宮城県田尻町



サンプル画像


見出し

●米ヌカ除草のメカニズムが知りたくて…●米ヌカ区と、米ヌカ+クズ大豆区●さて、調査の結果は…◎草にはバッチリ、特にクズ大豆が効いた◎しかし、クズ大豆はにおう◎白い濁りと茶褐色の濁り◎たしかに散布後、pH・ECは上がり、還元になる◎大豆は米ヌカより早効き●土の表面は、またちょっと様子が違う●田んぼは1日のうちでも、pHがくるくる変わる●6月末は、生きものワンダーランドに