記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2000年10月号 48ページ〜53ページ(ページ数:6)

タイトル

21世紀の直前に広がった「米ヌカ農法」の価値

「土ごと発酵」方式でつくる豊かな農村空間

執筆者・取材対象: 農文協論説委員会



サンプル画像


見出し

●各地で白いカビ(糸状菌)が生えた田畑が出現●堆肥利用にはない「土ごと発酵」の有利性●土がエサになり土そのものが発酵する●なぜ米ヌカが「土ごと発酵」の起爆剤になるのか●米ヌカで現代に蘇る日本の耨耕農法