記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2000年5月号 52ページ〜63ページ(ページ数:12)

特集:広がる 水田の米ヌカ除草

タイトル

米ヌカ除草は工夫いろいろ、無農薬面積倍増、70町歩をめざす

風力利用・浅耕・深水…

執筆者・取材対象: 編集部・山形おきたま産直センター

地 域: 山形県南陽市



サンプル画像


見出し

●田植え後できるだけ早く散布●ラクに効果的に散布するには…◎風力散布法をあみ出した!◎アイガモ・コイ放飼田、紙マルチ田に部分散布◎動散でのペレット散布も検討●除草効果を長もちさせる半不耕起栽培との組合せ◎ワラ・ボカシ・米ヌカを表層に集中◎トロトロ、フワフワの土に変わってきた◎浮きワラ、ガスわきがない、仕事が速い、歩きやすい◎乗用除草機も作ろうか…