記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1994年11月号 154ページ〜160ページ(ページ数:7)

タイトル

害を出さないイナワラ徹底活用法をさぐる

耕し方で、光合成細菌との組み合わせで、ワラは田んぼの栄養源

小力 半不耕起栽培

執筆者・取材対象: 岩澤信夫

地 域: 千葉県



見出し

●半不耕起で発根阻害?●イナワラは邪魔モノか?●ワラがあると光合成細菌利用も安上がり◎幼形期直前の分げつ停止を防ぎたい◎地力アップも目的