記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2008年12月号 200ページ〜203ページ(ページ数:4)

タイトル

予備枝せん定で樹勢維持、後期摘果もうまくいく

少肥のミカンつくり

執筆者・取材対象: 坂田篤俊

地 域: 福岡県みやま市



サンプル画像


見出し

●後期重点摘果は樹勢がよくないとできない●予備枝せん定で樹勢維持●裏年でも前年の九割とれる●表年の来年こそ予備枝作りを●葉面散布の併用を●予備枝せん定の樹は養分吸収もよい