記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2021年7月号 194ページ~199ページ(ページ数:6)

タイトル

枝を切り下げて連続収穫 夏どりのタラノメで稼ぐ

執筆者・取材対象: 編集部細川勇喜

地 域: 山梨県笛吹市



サンプル画像


見出し

●スイカの季節にタラノメ●タラノメは春どりが常識●きっかけは花火大会●夏どりのやり方◎6月に出る枝を使う◎切り下げながら収穫する●春の売り上げを超えた●木の寿命が延びた●野性味あふれる夏どりの芽