記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』果樹編 第1-1巻 技+352の96〜技+352の103(ページ数:8)

カンキツ>基本技術編>主要中晩カンの生態と栽培技術

みはや

開始ページ: 技+352の96

執筆者: 野中圭介

執筆者所属: 農研機構果樹茶業研究部門

備 考: 執筆年 2020年

記事ID: k351106z



見出し

 1.品種の来歴 ・・・〔1〕
 2.樹体特性
 3.果実特性
 4.導入の留意点 ・・・〔2〕
 5.高品質果実の安定生産技術
  (1) 栽培暦 ・・・〔4〕
  (2) 結実管理
   (1)着果促進(新梢管理)
   (2)摘果
  (3) 透湿性シート被覆による増糖対策
   (1)透湿性シートの被覆時期
   (2)透湿性シートマルチ栽培と果実品質 ・・・〔5〕
  (4) 退色防止による外観向上 ・・・〔6〕
   (1)退色の発生状況
   (2)袋かけによる退色防止効果
  (5) 収穫時期と留意点 ・・・〔7〕

キャプション

第1図 みはやの果実
第1表 結実性および病害発生程度
第2表 果実の特性
第3表 生理障害の発生
第2図 みはやの正常果(左)と退色した果実(右)
第3図 みはやの果梗部のクラッキング(矢印部分)
第4図 みはや透湿性シートマルチ栽培暦
第5図 透湿性シートマルチ栽培みはやの葉果比の違いによる階級別個数割合(2015年)
第6図 みはや透湿性シートマルチ栽培のようす
第4表 透湿性シートマルチ栽培みはやの葉果比の違いによる収量および着果数
第5表 透湿性シートマルチ栽培みはやの葉果比の違いによる果実品質の推移(2015年)
第7図 みはやの糖度とクエン酸濃度の推移(2012,2013,2014年)
第8図 みはや着果部位別退色発生度(2013年)
第9図 みはやの着果方位別の各退色発生程度の割合
第10図  袋かけの時期がみはやの退色に及ぼす影響(2014年)
第11図  被覆資材がみはやの退色発生度に及ぼす影響(2014年)
第6表 被覆資材の違いがみはやの果実品質に及ぼす影響