記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2020年8月号 298ページ〜303ページ(ページ数:6)

タイトル

ウィズコロナの時代に、木を植え、木を活かすことの意味

執筆者・取材対象: 農文協論説委員会



サンプル画像


見出し

●人の手に負えない自然を前に●耕作放棄地対策として木を植える●スギ・ヒノキ一辺倒から多種共存の森へ●雑木の知られざる値打ち●スギは日本の秘められた宝物