記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』野菜編 第1巻 宮崎・竹下+1〜宮崎・竹下+6(ページ数:6)

キュウリ>精農家のキュウリ栽培技術

フレスコ100 抑制栽培+半促成栽培 ○土つくりと土壌診断による適正施肥(エコファーマーへの取組み) ○耐候性ハウス導入による抑制栽培の安定生産 ○適期摘心で成り疲れを起こさない安定生産 宮崎県西都市 竹下勝啓(57歳)

開始ページ: 宮崎・竹下+1

執筆者: 菓子野利浩協力・齋藤典雄

執筆者所属: 宮崎県児湯農業改良普及センター西都農業協同組合

備 考: 執筆年 2005年

記事ID: y301014z



見出し

〈地域の概況と竹下さんの経営の特徴〉 ・・・〔1〕
 1.地域の特徴
 2.経営のあゆみ
 3.経営の概況 ・・・〔2〕
 4.作付け体系とキュウリ栽培の概要
   (1)作付け体系
   (2)栽培の概要 ・・・〔3〕
〈技術の実際〉
 1.堆肥施用による土つくりの実践
 2.土壌診断による適正施肥の実践 ・・・〔4〕
 3.抑制栽培での新品種導入
   (1)品種の推移
   (2)フレスコ100の栽培上のポイント ・・・〔5〕
 4.耐候性ハウス導入による作型の前進化
   (1)耐候性ハウス導入の経緯
   (2)耐候性ハウスにおける栽培管理のポイント ・・・〔6〕
〈今後の抱負〉

キャプション

第1表 西都市における作型ごとの面積の推移
第1図 西都市管内におけるハウスキュウリ栽培の主な作型
第2図 竹下さんの耐候性ハウスと収穫間近な早期水稲(7月下旬)
第3図 竹下さんの作付け体系図
第4図 竹下さんのキュウリ栽培期間中の作業概要
第2表 竹下さんのハウスの土壌分析結果
第3表 竹下さんのハウス抑制キュウリ施肥設計(kg/10a)
第4表 キュウリ栽培の品種の変遷
第5表 JA西都ハウスキュウリ部会作型ごとの品種の変遷
第5図 フレスコ100の整枝事例
第6図 フレスコ100の時期に応じた摘心