記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1986年8月号 271ページ〜277ページ(ページ数:7)

タイトル

気温よりも地温で「早出し」

追跡、意外農業 メロン這い作りの実際

執筆者・取材対象: 若梅健司

地 域: 千葉県横芝町



見出し

●自然の地温を生かして無理のない早出し●床土半作、松葉の1年積み床土●地温を生かす熱を蓄える土つくり●育苗は地温管理が中心●定植は地温を充分確保してから●着果節位で決まるメロンの大きさ、形、ネットの発生●交配前後は地温をうまく利用●百発百中のホルモン処理●かん水は何回にも分け極端な変化を避ける●病害虫は少ない●出荷は、じっくり糖度を乗せて●ネットメロンは大玉指向、一番果主体、二番果はとるな