記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第6巻 技+31〜技+36(ページ数:6)

ダイズ>基本技術編>ダイズ栽培の基礎理論>栽培条件による収量

根粒菌接種

開始ページ: 技+31

執筆者: 中野寛

執筆者所属: (独)農業・食品産業技術研究機構北海道農業研究センター

備 考: 執筆年 2006年

記事ID: s286003z



見出し

  (1) 国内での根粒菌接種の実施状況 ・・・〔1〕
  (2) 接種根粒菌の能力とダイズ品種間差 ・・・〔2〕
   (1)根粒菌の種類
   (2)接種根粒菌の消長と土着根粒菌との競合 ・・・〔3〕
   (3)ダイズ品種と根粒着生 ・・・〔4〕
  (3) 接種法と接種効果
   (1)根粒菌接種法の種類と特徴
   (2)接種法と接種効果 ・・・〔5〕

キャプション

第1表 国内のダイズ栽培における根粒菌接種実施状況
第1図 北海道各地の圃場から分離した根粒菌の窒素固定能(砂耕栽培)
第2図 ダイズの収量に及ぼす根粒菌の系統間差(殺菌砂耕栽培)
   キーワード:中生光黒\キタコマチ\ヒメユタカ\北見白\キタムスメ\トヨスズ
第3図 接種根粒菌の土壌中での生存
第4図 根粒菌の接種菌数と接種菌系統の感染率の関係
第5図 各種根粒菌によるダイズ品種の根粒着生
   キーワード:キタムスメ\トヨスズ