記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』果樹編 第4巻 技+3〜技+6(ページ数:4)

カキ>基本技術編>生育過程と技術>新梢伸長期

発芽の早晩と調節技術

開始ページ: 技+3

執筆者: 松村博行

執筆者所属: 岐阜県農業総合研究センター

備 考: 執筆年 1997年

記事ID: k12401zz



見出し

  (1) 発芽に影響する要因  ・・・〔1〕
  (2) 冬〜春の気象と発芽期
   (1)最低気温と発芽期の変動
   (2)2〜3月の最低気温と発芽期 ・・・〔2〕
  (3) 発芽後の低温と花の消失 ・・・〔3〕
  (4) 発芽期の品種間差
  (5) 剪定と発芽期
  (6) 発芽の調節技術 ・・・〔4〕
   (1)プロヘキサジオンCa
   (2)土壌管理
   (3)スミサンスイによる散水

キャプション

第1図 富有の発芽期
第1表 月平均気温と発芽期(岐阜,富有)
第2表 開花前後の日最低気温と開花期(岐阜,富有)
第3表 最低気温と発芽期・開花期(1997,富有,ハウス)
第4表 コンテナ栽培 茎頂培養「西村早生」の新梢伸長と着蕾(平成8年,7年生)
第5表 月最低気温と発芽期(富有)(℃)
第6表 最低気温と休眠覚醒(富有,1996)
第2図 発芽期の最低気温(岐阜市)
第7表 発芽期の品種間差異(岐阜)
   キーワード:富有\西村早生\平核無\陽豊\新秋\松本早生富有
第8表 剪定強度と発芽期(西村早生)
   キーワード:強剪定\弱剪定
第9表 植物生長調節剤と発芽期(1991,富有)
   キーワード:ジベレリン\プロヘキサジオンカルシウム\エスレル
第3図 スミサンスイによる潅水の防霜効果