記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』土壌施肥編 第5-1巻 畑+107〜畑+117(ページ数:13)

畑の土壌管理>連作障害,土壌病害と土壌管理>センチュウ害と土壌管理

有害センチュウの被害と対策の現代史

開始ページ: 畑+107

執筆者: 水久保隆之

執筆者所属: 丸和バイオケミカル株式会社・元中央農業研究センター

備 考: 執筆年 2020年

記事ID: d315103z



見出し

  (1) センチュウ被害が問題になる作物の順位 ・・・〔1〕
  (2) 各調査期の殺線虫剤の利用実態 ・・・〔3〕
    殺虫剤に占める割合
    非くん蒸剤の増加
    臭化メチル剤撤廃の隙間
    粒剤の増加
  (3) 防除手段の普及指数 ・・・〔5〕
  (4) くん蒸剤の消長
  (5) センチュウ専用剤(D-D剤,粒剤)の動向
    トマト
    キク ・・・〔6〕
    イチゴ
  (6) 農薬以外のネコブセンチュウ防除技術 ・・・〔7〕
    生物防除資材
    センチュウ対抗植物
    抵抗性品種・輪作 ・・・〔8〕
    熱利用
    土壌還元消毒
    湛水・水田化
    トマトにおける防除技術の動向
  (7) 農薬以外のネグサレセンチュウ防除技術 ・・・〔9〕
    化学防除(汎用くん蒸剤・D-D剤・粒剤)
    耕種的防除(対抗植物)
    物理的防除(熱利用・還元消毒・湛水水田化) ・・・〔10〕
    イチゴ
    キク ・・・〔11〕
  (8) シストセンチュウの防除技術
    ダイズ
    エダマメ ・・・〔12〕
    ジャガイモ
    カーネーション
  (9) イネシンガレセンチュウ
  (10) 臭化メチルの廃絶の影響と今後の展望
    クロルピクリン粒剤の隆盛
    普及の鍵はコストと作業性

キャプション

第1図 センチュウの被害を受ける作物(調査期間:1989〜1998年,報告頻度順:1998年)
第2図 センチュウの被害を受ける作物(調査期間:1999〜2011年,報告頻度順:2011年)
第3図 1989〜1998年調査時のセンチュウ害関連試験対象作物の出現頻度分布
第4図 1999〜2011年調査時のセンチュウ害関連試験対象作物の出現頻度分布
第1表 ネコブセンチュウ害を受ける作物(報告頻度順)
第2表 平成27(2015)農薬年度殺線虫剤品目別出荷金額・数量
第5図 殺線虫剤の出荷金額の構成率(単位:%)
第6図 トマト,イチゴ,キクにおけるくん蒸剤の臭化メチル・クロルピクリン(クロピク)・D-D剤の消長
第7図 センチュウ防除における汎用くん蒸剤,D-D剤,粒剤の普及指数の消長
第8図 トマトのネコブセンチュウ防除技術普及指数(西日本1979〜2011年)
第9図 ネコブセンチュウ防除手段1989〜2011年の推移(トマト,メロン)
第10図 イチゴのネグサレセンチュウの防除技術普及指数(西日本1979〜2011年)
第11図 ネグサレセンチュウ防除手段1989年〜2011年の変化(イチゴ全国)
第12図 ネグサレセンチュウ防除手段1998年〜2011年の変化(キク全国)
第13図 シストセンチュウの防除技術の普及指数レーダーチャート(2011年次)