記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』花卉編 第3巻 本体+165〜本体+172(ページ数:8)

環境要素とその制御>環境要素とその活用,制御>環境管理の視点−生産現場から

光環境の管理をめぐって

開始ページ: 本体+165

執筆者: 八代嘉昭

執筆者所属: 元(株)サカタのタネ

備 考: 執筆年 1995年

記事ID: h0300460



見出し

  (1) 光量,光強度の管理 ・・・〔1〕
   (1)品種と光量−プリムラ・ポリアンサの場合
   (2)品種と光量−ユーストマの場合
   (3)品種育成時の光条件と品種の特性−ユーストマの場合 ・・・〔2〕
   (4)光量と地温−ユーストマの場合
  (2) 光質の管理,利用 ・・・〔3〕
   (1)光質への無関心
   (2)花色と光質−ユーストマの場合
  (3) 日長処理 ・・・〔4〕
   (1)電照の効果を左右する光量
   (2)短日処理の延長効果
  (4) 遮光処理 ・・・〔5〕
   (1)強すぎる遮光の問題点−プリムラなど
   (2)強すぎる遮光−センリョウの場合
   (3)発芽時の遮光の意味 ・・・〔6〕
   (4)ユーストマの直まきでの遮光方法
   (5)遮光による高温障害の回避−シクラメンの場合 ・・・〔7〕
  (5) 補光
   (1)電照による補光効果−ユーストマ,ケイトウの場合
   (2)再電照の効果−キクの場合 ・・・〔8〕

キャプション

第1表 ユーストマの開花時期による品種の区別
   キーワード:開花節位\極早生\中生\晩生
第1図 ストックの遮光による八重咲き株の選抜
第2図 シクラメンの遮光設備(ドイツ)
第3図 補光