戻る

記事の概要



『季刊地域』2021年春号(No.45) 32ページ〜33ページ(ページ数:2)

タイトル

脱炭素化のワザ 農家・農村が先進地

生ごみ・木・竹 地域の有機物資源で炭素を活かす

町有林のCO2吸収量を売る カーボンオフセットで森林整備

執筆者・取材対象:

荒金太郎



サンプル画像


見出し

●町有林が年間400万円の財源に●地場産野菜もクレジット付き●販売収入で森林整備

戻る
トップへ戻る