記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』土壌施肥編 第8巻 岡山 JA岡山+1〜岡山 JA岡山+8(ページ数:8)

環境保全型農業の地域展開

地域ぐるみの有機の里 地域の家畜糞と中国山地の木くずの堆肥で有機無農薬実現 ○高齢者・女性による自家用菜園から有機の里へ ○畜産・林業・キノコなど地元の有機質資源を徹底利用 ○腐植たっぷりの土,不織布,天敵を駆使して最高の野菜を産直 岡山県 JA岡山 高松有機野菜生産組合 

開始ページ: 岡山 JA岡山+1

執筆者: 吉岡詳祐

執筆者所属: 元岡山高松農協嘱託

備 考: 執筆年 2001年

記事ID: d128001z



見出し

〈地域の概要〉 ・・・〔1〕
 1.地域の条件
   (1)地域の自然条件
   (2)地域の社会的条件
 2.土地利用の歴史と現状 ・・・〔2〕
〈環境保全型農業への取組み〉
 1.取組みの特徴
 2.動機とねらい
   (1)有機栽培の提案
   (2)家庭菜園友の会の結成
   (3)百貨店向けの計画生産
   (4)消費者への宅配開始 ・・・〔4〕
〈取組みの実際と技術〉
 1.有機物活用の仕組みと実際
   (1)肥育牛農家との提携による吉川の堆肥
   (2)肥料(栄養)について ・・・〔5〕
    基本有機質肥料
    特殊な肥料・資材
   (3)病害虫対策
    害虫
    病気
   (4)輪作・混作と土性にあった品目選択
    土と作物の相性による作目選択 ・・・〔6〕
    土つくりの程度と作目選択
    混作の工夫
   (5)新技術,新品目への挑戦
 2.販売・流通チャンネルの拡大と地域への展開 ・・・〔7〕
   (1)市民生協
   (2)デパート
   (3)スーパー
〈今後の課題〉 ・・・〔8〕

キャプション

環境保全型農業への取組みの概要
第1図 地域の冬の風景
第1表 JA岡山市高松の有機栽培の変遷
第2表 取組みの実際と技術
第2図 天満屋百貨店での展示即売会
第3図 研修に訪れた高松農業高校のみなさん