記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』野菜編 第7巻 静岡・松崎+1〜静岡・松崎+8(ページ数:8)

チンゲンサイ>精農家のチンゲンサイ栽培技術

ビニールハウス周年栽培 ○小型単棟ビニールハウスの年10回転利用 ○自家製完熟堆肥(豚糞+籾がら+わら)を1作に1.5t施用 ○苗からの持込み防止と周囲の雑草除去,寒冷紗を張って害虫防除 静岡県磐田郡豊田町 松崎英次(53歳)

開始ページ: 静岡・松崎+1

執筆者: 大杉実

執筆者所属: 豊田町農業協同組合

備 考: 執筆年 1988年

記事ID: y0702280



見出し

〈地域の経営のあらまし〉 ・・・〔1〕
   (1)地域の特徴
   (2)地域の経営形態の特徴
〈技術の特色〉 ・・・〔2〕
   (1)ビニールハウス栽培である
   (2)すべて定植方式である
   (3)周年栽培が基本
〈経営概要と栽培のねらい〉 ・・・〔3〕
   (1)経営の概況
   (2)栽培の概要
〈栽培技術〉 ・・・〔4〕
   (1)播種の方法
   (2)品種 ・・・〔5〕
   (3)間引き
   (4)定植床の準備
   (5)定植 ・・・〔6〕
   (6)定植後の管理 ・・・〔7〕
   (7)病害虫防除
   (8)収穫 ・・・〔8〕

キャプション

経営の概要
   キーワード:洪積台地
第1図 定植後8〜4日でこの状態になる
第1表 豊田町の気候(平年,単位:℃,時間,mm)
第2表 松崎さんの62年度出荷量(単位:ケース)
第2図 松崎さんのビニールハウス群と内部(下)
第3表 生産費(10a当たり円,62年)
第3図 ビニールハウス4棟1,056平方メートルのチンゲンサイの作付体系(豊田町の優良事例)
第4図 チンゲンサイの播種床
第5図 播種床のつくり方
第4表 有機物の元肥施用
   キーワード:豚糞\籾がら\わら\土の素有機
第6図 節間が伸び,秀品としての価値がない(右側)
第7図 自家製堆肥の山と内部(豚糞+籾がら+わら)
第5表 圃場の準備,植付けの手順
第8図 植え床のつくり方
第6表 病害虫防除
   キーワード:コナガ
第9図 定植の翌日の姿
第10図 防虫対策の周囲は雑草駆除からはじまる
第11図 コナガの被害(これではもう売れない)
第12図 チンゲンサイ出荷時の姿