記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』土壌施肥編 第3巻 土壌と活用VII+8の20〜土壌と活用VII+8の23(ページ数:4)

土壌の性質と活用>VII 海外における土壌問題と土壌管理

オランダの施設園芸における閉鎖系栽培システム

開始ページ: 土壌と活用VII+8の20

執筆者: 糠谷明

執筆者所属: 静岡大学

備 考: 執筆年 1999年

記事ID: d103006z



見出し

  (1) 閉鎖系システムをいちはやく導入 ・・・〔1〕
  (2) 養液栽培での閉鎖系システム
   (1)約80%が循環式に移行
   (2)培養液の循環システムと養液管理 ・・・〔2〕
   (3)培養液中のNaとClの集積への対応
   (4)循環式での培養液の殺菌 ・・・〔3〕
  (3) 土耕での閉鎖系システム
   (1)浸透水による養分供給が問題
   (2)土耕でのNa,Cl集積への対策 ・・・〔4〕

キャプション

第1図 オランダの施設園芸中心地のナールドワイクの温室群
第2図 温室の周りに張り巡らされている水路
第1表 各作物のNaおよびC1の根域内許容最大濃度と吸収濃度
   キーワード:トマト\キュウリ\パプリカ\栄養生長期\着果盛期
第2表 培養液殺菌システムの種類とコスト比較
   キーワード:紫外線\オゾン\加熱式\H2O2\活性剤\緩速砂濾過法
第3図 温室内での土耕のラディッシュの栽培状況
第4図 温室からの養水分排出経路の模式図
   キーワード:地下水位\水路
第3表 土耕栽培における温室内の無機成分供給量と排出量の収支関係
   キーワード:N\K\P\Mg\Na\Cl\灌水\培養液\施肥\浸透\排水\脱窒