記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『農業技術大系』作物編 第3巻 口絵+4〜口絵+4(ページ数:1)

イネ=精農家の技術

ササニシキ 疎植と出穂期に肥効のをあげる施肥で安定増収(1)

開始ページ: 口絵+4

備 考: 執筆年 1977年

記事ID: s0300080



見出し

 ●登熟のわるいササ,よいササ  ・・・〔1〕

キャプション

坪47株の疎植で毎年安定多収を実現
穂の元までビシッと稔るイネをつくることができる
ササニシキは葉の上に穂が乗るような形になると,たとえ倒れなくても登熟が落ちてしまう(写真上)
下のような形なら登熟はよくなる
登熟のわるいイネは,穂の元はもちろん1次枝梗も稔りきらない
出穂後一気に稔らせるために,出穂期に肥効を上げている