記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1989年2月号 222ページ〜227ページ(ページ数:6)

タイトル

イネ 地域銘柄米時代の品種作戦

痛快への字型低コスト稲作の真髄(14)

これからの良質米はレトロ品種の掘り起こしから

執筆者・取材対象: 井原豊



見出し

●古き時代のレトロ品種を追え●過大宣伝になりがちな新品種●純粋の国産品でないキヌヒカリ●新品種は10年経過しないとほんとうの特性、食味はわからない●古い優良品種の交配のやりなおしを●古い品種こそ減農薬に向く●古い品種にも多収型と良質型がある●おすすめしたい旧品種への字型で増収する減農薬向け品種