記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』1993年8月号 296ページ〜300ページ(ページ数:5)

タイトル

家畜ふん尿が宝になる時代がやってきた(5)

天井換気扇と堆肥リサイクルでできた100頭増頭・堆肥販売

静岡県・大美伊豆牧場(1)

執筆者・取材対象: 編集部高橋定男

地 域: 静岡県大仁町



見出し

●牧場の中を巡る2つのふん尿処理の流れ●天井換気扇の力が加わって45日で完熟堆肥ができる◎天井換気扇を常時回して水分を飛ばす◎放線菌がまわってサラサラの堆肥に◎45日で土の匂いのする発酵堆肥ができあがる●敷料に発酵堆肥、天井に換気扇をつけた牛舎◎乳房炎、風邪の心配は無用◎堆肥を敷き込んだおかげでふん出しが10日に1回になった◎育成牛舎の敷料はここ1年換えていない