記事の概要


この記事を開く(PDF) テキストだけを表示


『現代農業』2005年8月号 170ページ〜175ページ(ページ数:6)

タイトル

2つの「陽熱消毒」で不耕起イチゴ6.5t

クスリより効く糖蜜還元処理+土ごと発酵の太陽熱処理

執筆者・取材対象: 編集部・鳥越芳俊

地 域: 佐賀県鎮西町



サンプル画像


見出し

◎不耕起7年目 チッソ7kgでさがほのか6.5t●パターン1 病気を防ぐ陽熱消毒◎糖蜜を使って10a8000円◎酸欠で病原菌が死ぬ?◎土壌還元消毒法の親戚かも◎不耕起だから、ちょっとの量でも効きやすい?●パターン2 ドロ(土)をつくる陽熱消毒◎元肥をベッドでボカす◎水は通路にジワーッとしみ出るくらい◎「土ごとジワジワ発酵」でいい菌が増え、土が団粒化