ログイン
『現代農業』取材ビデオ

「10月植えで 旧盆にピタリと小ギクを当てる方法」より 刈り払いで生育が揃う

「10月植えで 旧盆にピタリと小ギクを当てる方法」より 刈り払いで生育が揃う

動画時間
1:56
ポイント数
0ポイント

福井県奥越地区では、小ギクを10月上旬に定植して、出荷を旧盆に合わせる栽培法が盛ん。育苗を省略できるのが魅力ですが、同地区の山内正博さんはさらに4月25日頃に刈り払いをすることで小ギクの生育を揃えています。そのピンチ(摘心)作業をご紹介します。