メニューに戻る

農家の事例:地域別
大分県
>土肥]土壌管理 試験研究 大分県・雨よけトマト産地−青枯病を中心に 
>土肥]資材 事例 県をあげて有機質資材の品質調査 土壌診断をベースに全県的な活用を促進 ○会員の堆肥の質を徹底チェックして特徴をつかむ ○土壌診断結果により堆肥・有機質肥料を選択 ○有機物流通ネットワークで生産と需要のミスマッチをなくす 大分県 大分県有機質資材生産者協議会  
>作物]ムギ 事例 <二条オオムギ,ハダカムギ>ニシノホシ,イチバンボシ 味噌・焼酎用品種の契約栽培で「地産地消」ムギ産地確立 ○加工メーカーとの共同研究による品種選択 ○地域のムギで地域の焼酎,地域の味噌 ○加工に適した品質を確保する栽培法確立 大分県 宇佐地域 
>作物]ムギ 事例 <ハダカムギ>イチバンボシ・農機具の共同利用,期間借地の斡旋 ○ブロックローテーションによるイネ−ムギ−ダイズの輪作体系確立 ○排水溝掘りをかねた,3回のムギ踏みと土入れで安定多収 ○ハダカムギは味噌協業組合に出荷され高級味噌に 大分県宇佐市 下矢部営農集団 
>作物]ハトムギ 事例 手植え移植栽培,直播栽培・岡山系 排水条件で移植,直播の使い分け,19戸の共同作業 大分県大野郡緒方町 緒方町ハトムギ生産組合 
>作物]水田の多面的利用 事例 転作コムギ ニシノカオリ,西海186号の高タンパク化で地域ブランド醤油 ―地域一体となった「醤油ムギの里」づくりへの挑戦― 大分県 醤油用小麦開発プロジェクトチーム+醤油協同組合 
>作物]水田の多面的利用 事例 転作田の景観はドジョウで守る −水を涵養して水害防止,ヘルシー地域特産をつくり出す− 大分県竹田市・竹田名水どじょう出荷生産組合 
>野菜]キュウリ 事例 露地夏秋どり栽培(ときわ南極1号) ○10a当たり20tの安定多収を実現 ○野草完熟堆肥11tを収穫終了直後より投入,土つくりに励む ○樹勢をみながらの整枝・摘葉で細やかな地上部コントロール 大分県玖珠郡玖珠町 梶原隆則さん(50歳)  
>野菜]トマト 事例 雨よけ夏秋どり栽培(強力米寿) イネと組合わせ2年ごとに圃場移動で安定生産,共同育苗 大分県直入郡久住町 工藤直従さん(42歳) 
>野菜]キャベツ 事例 高冷地夏秋どり栽培(マサゴa号,金剛) 無仮植育苗−手植え,機械植えを組合わせた省力技術 大分県玖珠郡九重町飯田高原 中川初見さん(59歳) 
>野菜]ハクサイ 事例 秋まき栽培(無双,金将) スイカとの輪作−省力−大規模生産技術 大分県日田市天神町 横尾敏明さん(45歳) 
>野菜]ネギ類 事例 <ネギ>春まき夏どり栽培(十万石ほか) 深耕−堆肥多投−無移植育苗で良品生産 大分県豊後高田市 板清静夫さん(51歳) 
>野菜]ゴボウ 事例 早春播き〜春播き栽培(魁,柳川理想) 根を重視−省力安定生産技術 大分市大字下戸次 藤田光雄さん(50歳) 
>野菜]特産野菜・地方品種 事例 <シソ>ハウス栽培 ○ガラス温室栽培,周年出荷 ○水耕栽培と土耕との組合わせ ○60名の主婦パート労力を活用 大分県大分市 江藤義隆(46歳)  
>花卉]バラ 事例 <バラ>ロックウール栽培・周年出荷 若手中心,中山間の大型団地−アーチング方式,枝変わり利用の新品種開発,新品種150種の展示比較栽培− 大分県玖珠郡玖珠町,九重町 バラ生産団地 
>花卉]経営 事例 新品種開発と生産・販売の工夫で輸入バラに勝つ 大分県玖珠郡 メルヘンローズ 
>花卉]1・2年草 事例 <ユーストマ>年末と3〜5月出荷の二度切り,1〜2月出荷 活着と生育を揃える水分・圃場管理―地域の気象を考えた品種選択と計画的出荷 大分県杵築市 荷宮豪(65歳) 
>果樹]カンキツ 事例 <清見>露地栽培 透光を考えた側枝配置,樹上完熟 大分県津久見市 田中太郎(58歳) 
>果樹]ビワ 事例 <茂木など>低樹高自然盃状仕立て こまめな捻枝・誘引と計画的切下げ 大分市田の浦 小坂茂(81歳) 
>果樹]特産果樹 事例 <カボス>開心自然形・ハウス栽培 青切り芳香酢ミカン,周年販売指向 大分県臼杵市 児玉前(42歳) 
>果樹]特産果樹 事例 <イチョウ>主幹形,変則主幹形 10年生不結実樹は環状剥皮逆接ぎ 大分県大野郡 清松傳次(40歳) 
>畜産]肉牛 事例 繁殖経営 繁殖牛4頭・黒毛和種 ○10産以上の連産,高く売れる牛づくりを目ざす ○生後30日から別飼い,粗飼料を充分に食い込ませる ○大型化から肉質の改良へ 大分県大野郡緒方町 足立チヨ(60歳) 
>畜産]肉牛 事例 肥育経営 肥育牛35頭・黒毛和種去勢牛 良質粗飼料多給−よい素牛選定で肉質改善 大分県宇佐郡安心院町 本田雅人さん(41歳) 
>畜産]肉牛 事例 野焼きによる草地の維持 集落共同体で運営する自給飼料生産牧場 大分県竹田市「稲葉牧野組合」 
>畜産]肉牛 事例 おおいた型放牧 大学との連携とレンタカウによる荒廃農地放牧を通じた新規畜産農家の育成 大分県豊後高田市「西高の農地を守る放牧の会」 
>畜産]豚 事例 残飯・菌体飼料利用 菌体飼料利用・一貫経営・母豚50頭 ○菌体飼料で未利用資源の活用,生産費の低減 ○平均分娩回数2,3回/年,分娩日を集中させる計画交配 ○緑餌の確保,漢方薬の利用などで健康豚づくり 大分県玖珠郡九重町 荒井健次郎さん(34歳)  

メニューに戻る